<< 図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) | main | シアター!2 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

    シアター!

    0
      評価:
      有川 浩
      アスキー・メディアワークス
      ¥ 641
      (2009-12-16)

      経営難の劇団に現れた救世主は、鉄血宰相!?
      小劇団「シアターフラッグ」・・・・・・ファンも多いが、解散の危機が迫っていた・・・・・・そう、お金がないのだ!!
      その負債額なんと300万円!
      悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。
      司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万円を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。
      新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。
      そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが・・・・・・!?
      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      おもしろい!
      演劇・・・なつかしいなぁ・・・と言っても、私が経験したのは高校生の演劇部なので、プロの劇団の事情は興味深く読みました。
      芝居って、楽しいんだよね〜、みんなで一つの舞台を作り上げる楽しさって、一度やるとやみつきになると思う。
      私は自分に才能が無いとわかっていたので、プロになろうなんてこれっぽっちも思ってなかったけど後輩の一人が劇団員になり、その劇団のチケットを買って何度か観に行った。
      舞台の上の彼らは眩しかったなぁ。
      色んな事を思い出しながら、シアター!楽しみました。
      まず、この春川兄弟が素敵だ!
      兄・司のクールで容赦のない頭の良さと、実は弟思いの情の深い優しい所が凄く好きだ。
      弟・巧も甘ったれで、社会性に乏しいようだが、脚本家としての才能はずば抜けているようだし、憎めない可愛さがあるんだなぁぁ。
      劇団員それぞれも個性的に描かれていて、良かった。
      司には劇団なんか潰れてしまえ・・・という思いと裏腹な思いがあって、揺れている様子がどこか切ないような気がする。
      読み手としては、この劇団が潰れることなく、黒字を出せる成功した劇団になって欲しいと思ってしまうのだ。
      司の思いがきっとこちら側に来るのだと信じて疑わない自分がいる。
      話はとりあえず司が関わって初めての舞台を終えた所なので、続きが早く読みたい。
      どうなっていくのか・・・?
      期待に胸がふくらんでいます。
      posted by: ななみ | 小説 有川浩さん | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 20:44 | - | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://hanamusouki.jugem.jp/trackback/1073