<< 執事は永遠の愛を捧げる | main | 甘やかな溺愛の虜 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

    インクルージョン

    0
      評価:
      崎谷 はるひ
      幻冬舎コミックス
      ¥ 650
      (2009-06-16)

      電車で頻繁に痴漢にあっていた大学生の早坂未紘は、ついに反撃するが、人違いだったうえに相手に怪我までさせてしまう。
      落ち込んだ未紘は、その男、ジュエリーデザイナー秀島照映の仕事を手伝うことに。
      次第に照映に惹かれていく未紘。
      未紘の気持ちに気づいた照映は未紘と身体をつないで・・・・・・!?
      大幅加筆改稿にて待望の文庫化。
      ーーーーーーーーーーーーーー
      BLでは珍しい、方言でしゃべる未紘が可愛い。
      やんちゃで気が短くて喧嘩っ早い所も元気でいい。
      だけど、泣き虫な所もやっぱり可愛いな。
      このお話が、「ひめやかな殉情」慈英×臣のスピンアウトとは知らずに購入。
      で、「慈英」の名前にようやく思い出してニヤニヤです。
      慈英の従弟照映も本当にいい男です。
      がさつでぶっきらぼうに見えて実は優しくて包容力もあって、「お前、俺のこと好きだろ」という傲慢さもあるのに、ちょっと嫉妬もしちゃったりして、ぐっとくる。
      魅力的なキャラだと思う。
      なんでか崎谷先生の描くキャラには切ないような愛しさをおぼえる。
      求めてくれて癒してくれて、包んでくれそうだから・・・かな。
      素敵なカップルです。
      おまけに久遠のキャラも最高!!
      優しくて中性的だけど、実は結構怖い所なんか最高にいい。
      これもまたお気に入りの一冊になりました。
      posted by: ななみ | BL小説 崎谷はるひさん | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 01:30 | - | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://hanamusouki.jugem.jp/trackback/767